所在地・お問い合わせ  > 自分の部屋(要ログイン)

 
トップページ学校案内学科紹介学校生活進路学校自己評価中学生のみなさんへダウンロード

 

学校紹介

樹木の多い学校
 テクノポリスに向かう大通りにそって、瓦ぶきの風格ある正門と4階建ての校舎3棟が見えます。
 初生の地に移転する前の浜工は、浜松駅南東の北寺島(現在は駅南団地及び名鉄パレの跡地)にありました。
 現在の浜工は、校舎全面移転構想のもとに、1963(昭和38)年に校舎移転がはじまり、翌年の東京オリンピックの年に全日制3学年の移転が完了しました。
 当時の三方原は、まだ、石ころと赤土の台地でした。正門の作者は、元大阪芸大学長の故中根金作先生です。本校の卒業生でもある先生は、緑樹の影を落とす教室、木陰に憩う若者の集う学舎を夢見て、学校の敷地を樹海で覆いたいと考えておられたようです。
 正門を入ってすぐ左に、プラタナス(鈴懸)の木があります。北寺島から移植された「青年の樹」の三代目か四代目になります。間接的に、浜工の歴史がしのばれます。浜工の敷地は県内で2番目に広く、約8万㎡(東京ドーム約2個分)もあります。門は、正門の南に西門、その他に北門と南門があり、あわせて三方に4つの門があります。

学校初代校長像と臨幸記念碑
 正門を入った左側に、初代校長山本又六先生の胸像があります。27年間にわたって本校の校長先生でした。
 遠州織物の発祥の地に生まれた浜工は、「染織講習所」としてスタ−トしました。山本先生はその技術者でもありました。また、先生は1966(昭和41)年に浜松市の名誉市民になられました。 
写真:初代校長像写真:臨幸記念碑
 初代校長像臨幸記念碑 
 
   沿革

 
   学校配置図

 
  学校案内
 
   ザ・浜工(学校紹介PDF冊子)