所在地・お問い合わせ  > 自分の部屋(要ログイン)

 
トップページ学校案内学科紹介学校生活進路学校自己評価中学生のみなさんへダウンロード

 

お知らせ

卒業生のみなさんから、卒業証明書や成績証明書など発行の依頼をよく受けます。
発行を希望する方は、各種証明書の発行についてをよく読んでいただき、証明書交付願(PDF/WORD)および委任状(PDF/WORD)に必要事項をご記入の上、ご提出ください。

感染症による出席停止に関する書類はこちらからダウンロードしてください。
出席停止に関する書類 (別ウィンドウで直接開きます。)
 

浜工高同窓会より、同窓会名簿発行のお知らせ

このたび、創立100周年を記念した同窓会名簿を発行することができました。

同窓生の皆様にはご協力をいただき、ありがとうございました。

名簿作成委託先である㈱サラトより、注文をいただいた皆様にはすでに送付させていただきました。

つきましては、名簿に関するお問い合わせについて、以下の窓口(サラト)にて対応させていただいております。

フリーダイヤル0120-981-628(土・日・祝日を除く9:30-16:00

よろしくお願いいたします。

 
トピックス
12345
2015/01/29new

部活動報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
25日(日)に静岡県高等学校新人柔道大会男女団体戦が藤枝市にある県武道館にて行われました。
男子団体は1回戦、静岡商業高校と対戦し、一人残しで勝ち、2回戦に進みました。
2回戦は飛龍高校との対戦でしたが、残念ながら三人残しで敗れ、ベスト16となりました。

  
  

女子団体は2回戦から出場しましたが、準優勝した東海大翔洋高校に三人残しで敗れました。

徐々にではありますが、着実に実力がついています。
自分を信じて日々の稽古に励んでください。
07:40
2015/01/28new

ギター部活動報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:デザイン科
 ギター部の1年生による4人組バンド「ピスタチオ」。
メンバーはデザイン科 中野未悠さん、機械科 久米利弥くん、神門弘也くん、土木科 山田晃矢くん。「ピスタチオ」の名がミュージックスパークの情報誌Wao!!vol.4に掲載されました。

 12/3に現在高校一年生のバンドのみを集めたライブが行われました。
集客数は歴代最高の180名弱を記録したそうです。このライブのトリを「ピスタチオ」が務めました。満員の観客席からは、熱い声援と歓声が上がり、「全力で演奏できた」と楽しそうに振り返ってくれました。


 2015年3月19日には浜松工業高等学校ギター部の卒業ライブを予定しています。
部員全員でライブに臨みますので、今後もよろしくおねがいします。
08:51 | 部活動
2015/01/27new

部活動報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
25日、26日に花川運動公園テニスコート等にて、第47回遠州少年少女テニス大会が行われました。この大会は、西部地区の高校1年生が出場できる大会で、本校からは県の強化合宿等で不在の2名を除いた男子13名が参加しました。
その結果、インフルエンザ明けやけがなどでコンディションの悪い中、情報技術科1年の横井翔くんが3位、電気科1年の鬼頭知幹くんが11位、電気科1年の山下瑠人くんが16位に入るなどよく頑張りました。
次はベストの状態での活躍を期待しております。
13:49
2015/01/27new

進路体験発表会を行いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
本日、1時限目のLHRでは各科で3年生による1・2年生への進路体験発表会を行いました。
理数工学科では、大会議室で1・2年生に対して4人の3年生が大学合格へのアドバイスを行いました。
その中で、ボクシング部に所属しながらも豊橋技術科学大学工学部機械工学科に合格した豊田一成くんからは、工学部機械工学科を目指したきっかけ、豊橋技術科学大学を選んだ理由、部活動との両立などについて熱心にアドバイスしてくれました。
また、他学科でも3年生が手分けをして1・2年生に対し就職や進学の体験談やアドバイスを行いました。
1・2年生はは3年生の話を聞き逃さないようメモを熱心に取るなど真剣に説明を聞いていました。1・2年生にとっては、貴重なアドバイスをもらえるとても良い時間となったようです。
  
   
   
   
07:23
2015/01/26new

部活動報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
25日、遠州灘海浜公園にて行われた静岡県高等学校新人体育大会ラグビーフットボール競技グループリーグ最終戦が行われ、常葉学園橘高校を28対26で破りました。これでグループ2位となり2月1日に草薙球技場にて決勝トーナメントに出場します。相手は聖光学院高校となります。また、ベスト4にはいったため、2月21日・22日に三重県で開催する東海選抜大会に出場することが決定しました。東海選抜出場は10年連続となります。健闘を祈っております。

また、25日、エコパ補助グランドで行われた新人大会サッカー競技西部地区大会準決勝では、袋井高校相手に前半1-0で折り返し、相手の猛攻を凌ぎ何度もピンチを脱しましたが、後半終了間際にコーナーキックから押し込まれ同点となり、PK合戦の結果、惜しくも4対5で敗れました。
しかく、堂々のベスト4。1月31日に行われる浜松湖東高校との3位決定戦でも、浜工サッカーを貫いて頑張ってください。

一方、新人大会ではありませんが、第3回西遠地区高等学校弓道大会が25日に浜松市弓道場にて行われ、男子団体の部で2位、女子個人の部でデザイン科2年の柳澤穂乃香さんが2位、男子個人の部で機械科2年の藤田晃くんは6位入賞を果たしました。おめでとうございます。更に技術を磨いてさらに上を目指してください。
、、
16:34
2015/01/23

電気科課題研究発表会を開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
22日(木)2・3時限目に本校大会議室において、電気科3年生による課題研究発表会を開催しました。
2時限目の発表会には電気科2年生も聴講しました。
  
                                
1つ目は「光学式リークテスタ(放電検出器)の製作」です。
リークテスタとは電気が放電する際に発生する紫外線をUVトロンで検出する機器で、電気機器の漏電の有無の検出に役立ちます。このリークテスタは本校の電気科の生徒が発明しました。
2つ目は「電気現象の研究」です。
太陽熱を利用した発電の可能性とMHD発電という電磁誘導の法則を用いた発電を利用して、人工衛星にて太陽風プラズマから発電し、人工衛星からマイクロ波で地上に送電するというアイディアを発表しました。
3つ目は「音声圧縮の比較」です。
この研究は、音楽プレーヤーで幅広く使用されているMP3と呼ばれる圧縮ファイルにおいて、圧縮率によりどのような音の変化が生じるのかをFFTアナライザーと呼ばれる機器で分析すると同時に実際の耳にはどう聞こえるのかアンケート調査の結果を発表しました。
4つ目は「医療機器」です。
まず、指先に赤外線を当て反射する赤外線で血液のわずかな変化を検知する脈拍装置を発表しました。この装置で検知したデータはオシロスコープのパルスで確認することができますが、生徒たちは円形にLEDを配置したルーレットを製作し脈拍を視覚的に感知する装置を発表しました。

研究はいずれも独創的ですが、まだまだ研究の余地が残されています。今後の研究の発展に大きな期待が寄せられます。


09:25
2015/01/23

吹奏楽部定期演奏会が無事終了しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
17日に吹奏楽部第50回記念演奏会、18日に吹奏楽部定期演奏会をアクトシティー浜松大ホールにて開催しました。
17日の記念演奏会には約1,100人、18日の定期演奏会には約1,400人の方がお見えになりました。
御来場ありがとうございました。
 
17日の記念演奏会は、3部構成で行われました。
第1部の現役によるドリルステージでは、ミュージカル「レ・ミゼラブル」が演奏され、シンクロしたブラス、華麗に舞ったカラーガード、迫力あるドラムライン、見事にサーベルをさばいたドラムメジャー。どれも見ごたえのあるマーチングを披露してくれました。
第2部のOBOGによるビッグバンドジャズステージでは、浜松ジャズのパイオニア、現在はジュニア・ジャズ・オーケストラ主宰の内藤道男さんのほか、5名のプロOBも加わり、小気味よいリズムと少し大人の雰囲気で演奏が行われました。
第3部のOBOGによる吹奏楽ステージでは、4曲が披露され、それぞれの指揮に、全国に浜工の名を知らしめ、また全日本高等学校選抜吹奏楽大会を創設するなど吹奏楽をメジャー音楽にまで築いた、遠山詠一先生と、遠山先生の遺伝子を引き継いだ3人の教え子、浜松海の星高校常任指揮者の土屋史人先生、皇宮警察音楽隊楽長の渡辺浩二先生、現顧問の野末功先生がタクトを振りました。昭和43年度卒業生から平成25年度卒業生までの77名の奏でる音は、指揮者の魔法にかかったように、見事に調和して場内に響き渡っていました。親子ほどの年の差も全く感じさせませんでした。浜工サウンドのDNAが脈々と受け継がれていました。
このあと、遠山先生の指揮によるOBOGと現役による合同演奏が行われました。総勢130人による演奏は抜群の迫力。演奏が始まると場内は徐々に作者ショスタコーヴィッチの「革命」の世界に引き込まれていくようでした。演奏後も皆さんしばらく余韻に浸る、これまでに聞いたことのない素晴らしいサウンドで、浜工サウンドの原点を感じる1曲でした。
浜工定番のアンコール曲「星条旗よ永遠なれ」で記念演奏会は終了しました。
  

18日の定期演奏会も、3部構成で行われました。
オープニングは、白畑豊校長、指揮による校歌演奏でスタートしました。ゆったりと動くタクトに合わせ、野球部の1年生もステージに上がり校歌を熱唱しました。
第1部のクラシック・オリジナルステージでは4曲が演奏され、浜松市立南部中学校吹奏楽部顧問の野崎豊先生、平成2年から5年間本校の吹奏楽部顧問をお務めいただいた県立浜松湖東高校吹奏楽部顧問の小田木保二先生にそれぞれ1曲ずつ指揮を務めていただきました。
第2部はドリスステージ。記念演奏会と同様、「レ・ミゼラブル」を演奏しました。
第3部は「Family for me」(私にとっての家族)をテーマにストーリーを取り入れたポップスステージを展開しました。
このステージで引退する3年生13人と2年生1人がそれぞれの思いを込めて最後のソロ演奏をしました。
この14人中12人が、高校に入学してから楽器を演奏する初心者でした。しかし、彼らのソロ演奏を聴くと、初心者だったことを感じさせない見事な演奏でした。
3年間の艱難辛苦を乗り越えた努力の結晶そして今日を迎える思いや感謝を感じる素晴らしい音色でした。
人の能力というのはと偉大であると思いました。
  
  
2日間に渡る演奏会。半世紀の伝統を振り返り、浜工吹奏楽部に新たな1ページが刻まれようとしています。
吹奏楽部の皆さんには、浜工サウンドの伝統と精神を受け継ぎ、そして進化し、これからも聴く人に感動を与える「音楽」を目指してもらいたいと思います。
OBOGの皆さん、保護者の皆さん、準備から運営まで御尽力いただきありがとうございました。
皆様のおかげをもちまして成功裏に終わることができました。

これまで本校吹奏楽部を応援、支援していただいた皆様に厚くお礼申し上げるとともに、これからも御贔屓のほどよろしくお願いします。
                                       





07:32
2015/01/22

部活動報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
17日(土)、県武道館にて県高等学校新人柔道大会男女個人戦が行われました。

本校から、男子で情報技術科2年の清原大暉くん、機械科1年の小池優真くん、機械科2年の植村恵吾くん、電気科2年の内野博之くんの4名、女子では土木科2年の野間咲季奈さん、同じく土木科2年の藤田ひかるさんの2名が出場しました。
その結果、女子57kg級で野間咲季奈さんがベスト8に入りました。
みんな強敵相手によく健闘しました。日々の稽古に集中し技を磨いてください。
  
        

08:54
2015/01/22

家庭科生徒研究発表会西部大会に参加しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
第66回静岡県高等学校家庭科生徒研究発表会西部大会が1月14日に袋井高校を会場に開催されました。
以下、引率の児玉且江先生の報告です。

今年は9校17名(チーム)のエントリーでした。
本校からは理数工学科2年の小野田瑞樹くんが代表で参加し、夏休みに家庭で取り組んだガス代削減について発表しました。
審査員の指導主事からは「数値で成果を実証していることと家族の生活時間の見直しまで考慮されていることがすばらしい」との講評をいただきました。
「あたたかな気持ちで家族を見つめ実践することを今後も継続してほしい」とのアドバイスもいただきました。
残念ながら上位入賞はなりませんでしたが、他校の先生たちの反応も良く、よい発表だったと思います。
  

07:08
2015/01/21

来年度前期生徒会長決まる!

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
19日(月)1時限目、平成27年度前期生徒会長選挙が行われました。
その結果、土木科2年生の原田虎太朗くんが選出されました。
 
原田くんは、行事の充実化と生徒一人ひとりの理想の学校の構築の公約を上げ、以下のことを生徒に訴えました。
一つ目の公約の行事の充実化については、来年度の浜工祭で生徒会主催のイベントを企画し実施すること、そのためにアンケートを実施し健闘していくこと。
二つ目の公約の理想の学校構築については、意見箱を新しく作り直し、生徒の誰もが理想の学校づくりに気軽に意見が言えるように工夫すること。

来年度は、いよいよ百周年の年になります。
記念式典は11月8日で後期の生徒会事業になりますが、一世紀の伝統と歴史を振り返り、これからの浜工をよりよくしていくためにも、生徒主導で百周年を盛り上げていってもらいたいと思います。
そういう意味でも、原田生徒会長のリーダーシップを期待しております。

07:35
12345
 
 
来場者数725877