所在地・お問い合わせ  > 自分の部屋(要ログイン)

 
トップページ学校案内学科紹介学校生活進路学校自己評価中学生のみなさんへダウンロード

 

お知らせ

卒業生のみなさんから、卒業証明書や成績証明書など発行の依頼をよく受けます。
発行を希望する方は、各種証明書の発行についてをよく読んでいただき、証明書交付願(PDF/WORD)および委任状(PDF/WORD)に必要事項をご記入の上、ご提出ください。
 感染症による出席停止に関する書類はこちらからダウンロードしてください。
出席停止に関する書類 (別ウィンドウで直接開きます。)
 

ご注意願います

◆創立100周年記念版名簿発行のお知らせ

 このたび、創立100周年を記念し、同窓会名簿を発行する運びとなりました。
 同窓会の皆様には、名簿登載内容の確認はがきや名簿購入の案内状を発送して作業を進めてまいりますので、ご協力のほどお願い申しあげます。
※窓口は浜松工業高校になりますので、返信先は静岡県浜松市北区初生町1150  静岡県立浜松工業高校学校になります。これ以外のはがきには十分注意をして下さい。

名簿発行予定日:平成27年1月下旬
体裁:A4判(約940頁)
名簿価格:4,000円
名簿作成委託先:株式会社サラト様(兵庫県姫路市) http://www.salat.co.jp
 

お知らせ

「中学生の一日体験入学」・「中学生のためのデッサン講習会」に関することは、「中学生のみなさまへ」に掲載しています。
 
トピックス
12345
2014/09/01new

2学期がスタートしました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校

9月1日(月)、今日から2学期がスタートしました。
始業式に先立ち、平成26年度後期生徒会役員認証式と表彰が行われました。

■認証式
後期生徒会会長 機械科3年a組 小池雄大くん
〃副会長 デザイン科2年 志賀弥生さん
〃副会長兼週番委員長 デザイン科3年 長谷川真莉さん
以上、よろしくお願いします。

■表彰式
□電気科
平成26年度高校生ものづくりコンテストプレ東海大会シーケンス制御部門 優勝
□陸上競技部 
第66回浜松市内高等学校新人陸上競技対抗選手権大会 男子総合 1位
□男子テニス部
新人戦西部地区予選 シングルス3位 電気科1年a組 石塚善成くん
アズマカップテニス大会 ダブルス1位 石塚善成くん 電気科1年a組 佐原克哉くん
□デザイン科
バイクのふるさと浜松2014夢のバイクデザイン 準グランプリ デザイン科2年 中澤有紀乃
□電気研究部
第38回全国高文祭茨城大会アマチュア無線部門 学校対抗の部 第3位
〃男子個人 第1位 電気科2年 川崎貴範くん
〃女子個人 第1位 電気科1年b組 辻村有咲さん
〃女子個人 第6位 電気科1年b組 大野桃甘さん
以上、おめでとうございます。

始業式では、白畑校長から次のお話がありました。

まず、アスリートのスタイルについて、今回は大相撲の十両の舛ノ山のお話をする。
舛ノ山は心臓の病をもっており、20秒しか戦えない力士と言われている。
彼は、そのハンディを持ちながら、自分のスタイルをもっている。
どんな相手でも、どんな場合でも頭で当たって突き押しという、10秒の勝負を徹底して戦っている。
できない理由を並べて、諦めたりやらなかったりするのではなく、今できることを貫くところに生き方としての美しさがある。

この夏に読んだ本の中に、「前後裁断」という言葉と「中今(なかいま)」という言葉に出会った。
「前後裁断」は江戸時代に沢庵禅師が説いた禅語で、過去も未来も断ち切って、今この時に集中せよという教えである。
「中今」は神道の思想の一つで、過去・現在・未来にとらわれず、今この瞬間を精一杯生きることである。
先日、60年前に事情があって本校を中退した方からお手紙をいただき電話でもお話をさせていただいた。
その方は60年前に学校に対して申し訳ないことを冒し、その過ちを引きずってこれまで生きてきたそうで、謝罪して償いたいをということだった。
私は、その話を聞いて何とも言えない思いになるとともに、「前後裁断」「中今」をいう言葉を思い出した。
みんなには、過去の過ちや未来への不安に左右されることなく、その時その時を大切に今を懸命に生きてもらいたい。


17:56
2014/08/29new

SSH米国研修最終日 Witricity社訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
引率の朝元先生からの現地レポートをお伝えします。

SSH先端技術研修五日目はいよいよ研修最終日です。
本日はボストン市内のWitricity社を訪問致しました。
Witricity社は65名のコンパクトな会社ですが、ワイヤレス送電の技術力は世界でも最先端で、玄関には数多くの特許証明が飾られていました。
 
ワイヤレス送電とはマウスパッドのようなシートにスマートフォンなどを置くと線を繋がなくても自動に充電を行う装置です。
 
現在電気自動車への自動充電などが開発中で、実用されれば世界的に電気自動車の本格的な普及に加速がつくかもしれません。
社内見学と今回案内をしてくださった同社のアーロンさんの説明の後、本校のワイヤレス送電の研究班がプレゼンを行いました。
 
その英語力の高さと質疑応答の際の的を得た質問など、渡米前に備えた工業英語と英会話の領域を遥かに超えたレベルの高さに、よく短期間でここまで到達したかと思い驚きました。
 
中にはこの会社に入社するにはどうしたらいいですかと質問する生徒もいて、意識はまさに本気モードです。
 

午後は市内の名門ハーバード大学を見学しました。
  
                                         
ちょうど今、新入生(アメリカは9月入学のため)のオリエンテーションの最中でした。
ここの学生食堂は映画「ハリーポッター」の魔法学校の食堂のモデルになったらしく、少し覗いてみるとそのものでした。
 

研修後の夕食はホテル近くの豊ビュッフェというバイキングレストランでとりました。
 
気になるお味の方は?
…でしたので、日本のバイキン グレストランがいかにクオリティが高いかも再確認できました。
明日早朝5時起きで帰国の途につきます。
サンフランシスコまで6時間のフライト、乗換2時間後に成田まで10時間のフライトの長旅になります。
浜松へは30日土曜の午後8時半頃新幹線で帰る予定です。

14:57
2014/08/28new

SSH米国研修4日目 MIT訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
引率の朝元先生からの現地レポートをお伝えします。

米国先端技術研修研修四日目はマサチューセッツ工科大(MIT)を訪問致しました。
 
MITの岩佐幸和教授は日本の高校を卒業後渡米し、MITで学ばれた後、教授になられ現在に至っている方です。
まずはご自身の略歴を日本語にて説明。次に普段の講義同様に英語で「マガネットテクノロジーのこれまでとこれから」について説明をされました。
一時間の講義内容は後半になると専門用語が多く出てきたため、よく理解できない部分もあったようですが前半はこれまでの事前学習の成果が発揮してしっかり理解できたようです。
 
その後、岩佐教授の研究室を見学しました。案内をしてくださったのは東北大学の宮城大輔准教授です。
 
最後にお二人の先生方の前で「超伝導」の研究を英語でプレゼンし、中々面白く興味深い実験結果が得られたとのお言葉をいただきました。
 
最後に岩佐教授から図書館寄贈用のテキストをいただき、全員で記念撮影をして午前中の部を締めくくりました。
 
午後は近くのMIT博物館を見学し、世界に誇るその最新先端技術に驚くばかりでした。
 
キャンパスの見学の途中に学生会館でお目当てのMITグッズを皆購入していました。
 
明日は研修の最終日で同じくボストン市内のWitricity社を訪問する予定です。
12:07
2014/08/28new

ものづくり東海大会木材加工 惜しくも入賞ならず

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
8月27日(水) 愛知県碧南市ものづくりセンターにおいて、高校生ものづくりコンテスト東海大会(木材加工部門)が開催されました。
東海4県から、9名の選手が出場し、本校からは建築科3年 松本祐太朗が出場しましたが検討及ばず、惜しくも入賞できませんでした。
優勝は、愛知県立佐織工業高校の女子生徒でした。
  
09:04
2014/08/27

SSH米国研修3日目 東海岸へ移動

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
引率の朝元先生からの現地リポートをお伝えします。

SSH米国先端技術研修三日目はボストンへの移動です。
国内線とはいえサンフランシスコから4時間かかり、時差も3時間ありなおかつ9.11同時多発テロの影響でセキュリティチェックは予想以上に厳しかったので多少戸惑いました。
1時間遅れで午後8時半にボストン空港からホテルに向かうことができました。
ボストンの街はのんびりとこじんまりしたサンノゼと違い、これぞアメリカという感じの全ての面で規模が桁違いの大都市で驚くことばかりです。
あてにしていた国内線での機内食が出なかったことで空港を出る前からお腹がすいていたのでホテル近くのタコス(メキシコ料理)のチェーン店タコベルで夕食をテイクアウトしました。
注文から支払いまで全て英語で行う姿を見て現地ガイドの方も浜工生の英会話能力の高さに感心していました。
ホテルの位置は都市部から離れているものの周囲にはショッピングセンターや飲食店が多く、買い物や食事には不自由しない便利な所なので、明日、明後日の研修後の自由行動が大変楽しみです。
明日はマサチューセッツ工科大(MIT)を訪問し、日本人のイワサ教授に超伝導についての研究成果をプレゼンする予定です。
  
   
13:07
2014/08/26

SSH米国研修2日目 NVIDEA社訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
 引率の朝元先生からの現地レポートをお伝えします。

SSH米国先端技術研修二日目はサンタクララの半導体メーカーNVIDIA社を訪問致しました。 
 
パソコンやゲーム機のGPUはNVIDIA社の製品が広く用いられています。
社内見学はまず、ゲームソフトでの映像を例にとってグラフィックの鮮やかさなどを説明してして頂きその完成度の高さに一同驚嘆の声をあげていました。
もちろん説明は全て英語ですが、説明内容を理解するだけでなく質問を積極的にする姿勢を見せるなど渡米前にこの研修に備えて学んだ工業英語や英会話の成果が早くも発揮されたと思います。
企業秘密に関わる内容が多く含まれた説明だったと思われるため残念ながら写真をとることができませんでした。
  
中庭で撮った記念写真の最前列の左側の女性(我々の手土産うなぎパイを持ってらっしゃる方)が今回我々を案内してくださったNVIDIA社のセレナさんです
                                            
社内カフェテリアでのランチの後、浜工スーパーコンピューター「スズメ」の研修内容をタブレットでセレナさんに説明しました。
  
                                                
夕食は日系スーパーのミツワマーケットに行き久しぶりの日本食を味わいました。
明日はいよいよボストンへ移動です。

17:08
2014/08/26

東北復興支援ボランティア 東北に向け出発

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
夏休みも最後の週に入りました。
25日午後7時、東日本大震災復興支援ボランティアのため生徒37人が貸し切りバスにて岩手県釜石市に向け出発しました。引率は、福井一恭教頭先生、仲野一樹先生、岩崎弘子先生です。
このボランティアは今年で3回目。
本年度は、26日に海岸清掃作業を行います。
また、陸前高田市の市役所を訪問し、これまでの集まった募金を寄付します。
一行は27日朝に宿泊施設を出発し20時30分ころ学校に到着する予定です。
 
07:57
2014/08/26

ミャンマー研修 

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
21日(木)、22日(金)は現地の学校と交流をしました。
21日は№3 Basic Education High School,Bago、22日はPractising School Yangon,Institute of Educationで、二日とも国賓級の歓迎で、テレビ局の取材も入りました。
23日(土)のホームvisitも、各班貴重な体験をして来たようです。
お世話になりました。ありがとうございました。
24日(日)はヤンゴン市内を視察、ジュエダゴォン・パヤー、国立博物館など伝統文化施設を訪問しました。
25日(月)は日系企業のMyanmar DCR Co,LtdとWhite Owl Fashion Co.Ltdを訪問しました。
最終日の26日(火)は宮城県立農業高校と合同で研修報告会を行います。
明日朝に成田に到着する予定です。
無事の帰国を祈っております。
  
  
07:40
2014/08/25

SSH米国研修 無事アメリカに到着しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
SSH米国先端技術研修2日目、引率の朝元先生からの現地レポートをお伝えします。

8月24日午後11時(現地時間)無事サンフランシスコに到着しました。
貸切バスでの移動途中、in-n-outバーガーという本場アメリカンハンバーガーの専門店でお昼をとった後、名門スタンフォード大学を訪れ、第一回卒業生で第31代アメリカ大統領フーパーが設立したフーパータワーや記念教会などを見学しました。その後は当初の予定を変更して、NASAの展示会、マイクロソフト社及びグーグル社の車窓見学も行いました。
サンノゼのホテル到着後はすぐ隣にあるデニーズで夕食をとりました。レストランの店員のおじさんが大人数で面倒な会計にもかかわらず、嫌な顔一つせず笑顔で気さくに応対してくださり、言葉はそれほど伝わらなかったものの親切な気持ちは大変伝わりました。
明日はサンタクララにあるNVIDIA社を訪問し、夜は日系スーパーで夕食と買い物する予定です。
  
  
  
17:28
2014/08/25

SSH米国先端技術研修 浜松を出発

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校
24日(日)正午、8月30日までの7日間で行われるSSH米国先端技術研修で、生徒10名(2年生5名、3年生5名)がアメリカに向け浜松駅を出発しました。
この研修は、本校のSSH事業の一つで、生徒が研究しているテーマについて、世界の最先端技術を見聞するとともに、研究内容をプレゼンし第一線で活躍する研究者の方にアドバイスしていただくことを目的にしております。
今回取り組んでいる研究テーマは、スーパーコンピュータによるシミュレーション、超伝導、ワイヤレス送電の3つです。
多くのコンピュータ関連企業の創業者を輩出しているスタンフォード大学、スーパーコンピュータの演算専用プロセッサを開発販売しているNVIDIA社、先端技術研修の中核でMITの愛称で呼ばれるマサチューセッツ工科大学、ワイヤレス充電の革新技術で世界の最先端を担っているWITRICITY社などを訪問し研修を受けます。
SSHに指定されたからこそ実現した米国先端技術研修です。いろんなことを吸収してきてください。
引率は、朝元上先生、山本潤一郎先生です。
よろしくお願いします。
  
※日本時間8月25日8時現在。一行は無事サンフランシスコに到着とのこと。
10:36
12345
 
 
来場者数620615