沿革

沿革と組織   

大正4

 浜松市馬込に静岡県染色講習所を設置(染色、機織、図案科)

大正7年

 静岡県立浜松工業学校(染色仕上・紡織科)

大正9年

 図案科設置

大正13年

 建築科設置

昭和14年

 機械科設置

昭和18年

 染色仕上科→工業化学科
 図案科→木材工芸科に改称

昭和19年

 航空機科設置
 木材工芸科→木材工業科に改称

昭和20年

 航空機科→機械科Bに改称

昭和23年

 静岡県立浜松工業高等学校
 定時制課程設置(紡織、機械、電気科)

昭和24年

 木材工業科→木材工芸科に改称

昭和26年

 土木科設置

昭和38年

 木材工芸科→工業デザイン科
 紡織科(全・定)→繊維機械科に改称

昭和39年

 浜松市初生に移転(全日制)

昭和40年

 浜松市初生に移転(定時制)
 定時制繊維機械科→建設科に改称

昭和46年

 定時制専修コース設置
 定時制建設科→建築科に改称

昭和48年

 情報技術科設置
 繊維機械科→繊維工学科に改称

昭和51年

 生活館落成

昭和56年

 工業デザイン科→デザイン科に改称
 家庭科実習棟落成

平成2年

 繊維工学科→繊維システム科に改称

平成3年

 第2体育館落成

平成5年

 定時制機械・電気・建築科→工業技術Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ科に改称

平成6

 弓道場落成

平成7

 アーチェリー場落成

平成9

 工業化学科→システム化学科に改称

平成14年

 全日制課程電気科1学級減

平成19年

 全日制課程繊維システム科 閉科

平成24年

 全日制課程理数工学科設置

平成25年

平成26年

 スーパーサイエンスハイスクールに指定

    全日制課程電気科1学級増 

平成27年

 創立百周年記念式典 

 平成31年

  スーパーサイエンスハイスクールに指定(第Ⅱ期)