機械科にようこそ

●産業の中心『機械工業』で貢献する機械科

 機械工業で生産される製品は、ほとんどすべての産業で使われています。つまり、産業を支える製品を生産・製造していることになります。その生産・製造に必要な機械加工の基礎や機械設計の方法を製図や実習によって学習します。

実習では、旋盤、溶接、手仕上げなどの基礎・基本となる技術から、レーザー加工機、NC(数値制御)工作機械、CADなどの先端技術も習得し、ものづくり競技大会(旋盤・フライス盤・溶接・CAD)や技能検定などの資格取得にも繋げ、成果を上げています。

 産業の中心の機械工業の担い手となる、未来のエンジニアへの第一歩を踏み出すために、必要な知識・技術の習得を共に目指しましょう。

 

●専門科目

 1年

 工業技術基礎、機械製図

 情報技術基礎、機械工作

 2年

 機械実習、機械製図

 機械工作、機械設計

 3年

 課題研究 機械実習

 機械製図、機械設計

 電子機械(選)、原動機(選)

 生産システム技術(選)、自動車工学(選)

 

●取得を目指す 資格・検定

技能検定(普通旋盤作業、フライス盤作業、機械系保全作業、機械製図CAD作業、機械検査作業)、ガス溶接技能講習、基礎製図検定、機械製図検定、計算技術検定、情報技術検定、危険物取扱者、二級ボイラー技士

 

●進路

◆就職:内定企業(過去3年間)
 アイシン・エィ・ダブリュ、アイシン精機、

 愛知製鋼、アイティーオー、朝日電装、

 ASTI、アスモ、阿南重工業、アマノ、

 イハラ製作所、うなぎパイ本舗、エコム、

 NSKワーナー、エヌエスティー、

 NTN磐田製作所、エフ・シー・シー、

 FDK湖西工場、エンケイオートモーティブ、

 エンケイエンジニアリング、遠州鉄道、

 カツヤマファインテック、神谷理研、

 カンセツ東海事業部浜松事業所、共和レザー、

 グルンドフォスポンプ、興和、

 コンチネンタル・オートモーティブ浜北工場、サクラ工業、

 新機械技研、新来島豊橋造船、スズキ、

 新日本特機、スタンレー電気浜松製作所、

 ソミック石川、第一工業、テイボー、

 大日精化工業東海製造事業所、デンソー、

 テクノエレベーター、THKリズム、

 東海交通機械、東海旅客鉄道静岡支社、

 DOWAメタル、トヨタ自動車、トヨタ紡織、

 日本車両製造、ハウス食品静岡工場、

 浜名湖電装、浜松ホトニクス、

 プライムアースEVエナジー、

 本田技研工業トランスミッション製造部、矢崎部品、

 ヤマザキ、ヤマハ発動機、ユタカ技研、

 ヤマハファインテック、ローランド、

 ローランドディー.ジー. 他

◆進学:合格学校(過去3年間)
 国公立大学

 静岡大、豊橋技術科学大

 私立大学

 愛知工業大、大阪体育大、関東学院大、

 神奈川工科大、岐阜聖徳学園大、工学院大、

 サイバー大、静岡産業大、静岡理工科大、

 千葉工大、東海大、東京電機大、東洋大、

 常葉大、日本大、名城大、他

 専門学校等

 静岡医療科学専門大学校、

 中日本航空、日本工学院、

 大原簿記情報医療、他

 

活動の記録

 機械科

6年度 3年生 工場見学

6月4日(火)機械科の3年生80名が

工場見学に行ってきました。

a組は午前中、

プライムアースEVエナジー株式会社、

午後はスズキ株式会社湖西工場、

b組は逆の順になり、

午前中にスズキ株式会社湖西工場、

午後にプライムアースEVエナジー株式会社

の日程でした。

この見学を通して、製品づくりのすごさや

各企業での工夫された設備などを知ることができ、

多くの刺激を受けました。

また、進路選択の時期が迫ってきている

3年生ですので、生産現場で働くという

イメージが湧いてきたはずです。

プライムアースEVエナジー株式会社様

スズキ株式会社湖西工場様

貴重な時間を作っていただき

ありがとうございました。

『プライムアースEVエナジー株式会社 様』

まず最初は全体説明。

企業説明や勤務態勢などの話を聞きました。

次に、工場内の見学と、浜工を卒業した先輩の

話を聞くグループに分かれました。

2名の先輩から具体的な仕事の説明や

工場内の施設の紹介や勤務外の話まで

聞くことができ、将来の自分を思い描けたようです。

『スズキ株式会社湖西工場 様』

まず最初は全体説明からですが、工場長に

来ていただき説明を聞くことができました。

その後、ヘルメットをお借りして

工場内の見学をしました。

敷地が広いので、バスで移動しました。

工場内の見学の後で質問をしました。

来月、各企業様よりいただける求人票について

具体的な質問をする生徒もいました。

 

1年生奉仕活動

本日は天候も良く、

1時間目に予定されていた

1年生の奉仕活動を実施しました。

(機械科2クラスと他3クラス)

活動内容は学校周辺の歩道などの

ゴミ拾いをしました。

4月には3年生がゴミ拾いを実施して、

まだ2か月ですが、ごみは落ちていました。

入学してまだ2か月、学校周辺の建物や川や

道路などを知る良い機会にもなりました。

機械科1年生 工業技術基礎3週目

GWが終わり、本日は5月8日。

1か月前の4月8日は入学式。

1年生は高校の生活が慣れたのでしょうか。

授業・実習・給食・HR活動・部活動

そんな日々を送っていると、

来週は初めての定期テストがやってきます。

『鋳造』

本校の1年生では砂型鋳造法を学びます。

機械科の生徒だから「ちゅうぞう」と読めるのです。

『引張試験』

鉄の棒を引っ張って破断させます。

鉄も伸びることをここで知ります。

破断の瞬間を見逃した生徒が4人いました。

なぜ見逃したのでしょうか?

【参考】『3年生の製図』

「正確に」「スピーディに」「きれいに」

このように製図をするのが3年生です。

 

機械科1年生 工業技術基礎2週目

GWが終わると1年生も入学式から1か月、

高校生活のリズムもつかみ出す頃です。

昨日はGW中ですが、工業技術基礎(実習)は

2週目、まだまだ機械や工具や計測器など

取扱いはぎこちないですが、

これから1つずつ指導していきます。

『旋盤』

工業高校の機械科なら必ず経験する旋盤作業。

「鉄で鉄を切削」

1年生は引張試験片を製作します。

(新しい工場内で実施)

『計測』

様々な計測機器を取り扱い、

数値を読めるようにします。

写真はマイクロメータを読んでいます。

『材料試験』

衝撃試験と硬さ試験を熱処理前と熱処理後で

行い、比較し、鉄の性質を調べます。

写真はシャルピー衝撃試験を行っています。

機械科1年生 実習開始

本日、機械科の1年生2クラスは、

工業技術基礎(実習)の授業があり、

各班ごとに分かれて、初めて作業・実験に

取り組みました。

実習を楽しみにしていたので、

皆、一生懸命に取り組んでいました。

実習初日から、熱い熱い鍛造をやりました。

「ロボット製作」どんな物ができるのでしょうか。

1年生はまずガス溶接を学びます。

3年生奉仕活動

昨夜の激しい雨がやみ、

本日1時間目に機械科3年生2クラスは

(他にシステム化学科・デザイン科・建築科各3年生)

奉仕活動として、学校周辺の歩道などの

ゴミ拾いに行きました。

予想していたよりはゴミは多くありませんでしたが、

意外な物も捨てられていました。

また機械科a組は男子だけなので、

がんばって(数名は走って?)かなり遠くまで行きました。

川も拾えるゴミは取りましたが、

雨上がりで、びちょびちょでたいへんでした。

6年度 1年生 工業技術基礎 オリエンテーション

4月17日(水)

本日、機械科の1年生は『工業技術基礎』の

授業がありました。

実習の基礎を学ぶ授業です。その初日として、

3年間取り組む上での心構えや注意事項などの

説明を受けるオリエンテーションを実施しました。

初めて実習服を着て、初めて浜工の実習室や実験室を

見学し、これからの「実習」というものを想像し、

決意してくれたと思います。

この日に最後は、教室に戻って、

初めて「ノギス」に触れて、使い方を学びました。

3月に完成した新機械科工場。

「溶接」の説明を聞いています。

新機械科工場内、「手仕上げ」実習室、

万力などがあります。

南棟校舎内にある材料実験室にて説明を聞いています。

これがノギスです。

いろいろな実習で使います。

6年度 新入生 機械科 学科指導

本校は4月8日(月)に入学式があり、

機械科には84名の生徒が入学しました。

10日(水)には、機械科科長から

「機械科学科指導」として、

以下の内容の話を聞きました。

 『勉強する』から『自ら学べ』への意識改革を!

 昨日より今日、今日より明日へ

 ステップアップすることを心掛ける。

という訓話を高校生活の諸注意を交えて

話されました。

【新機械科工場稼働開始】

機械科の工場が新築されました。

 

 

5年度 2年生 工場見学②

先週のM2aに続き、本日、

M2bが工場見学に行ってきました。

受け入れていただいたのは、同じく

共和レザー株式会社です。

前回のM2a同様に本校機械科の卒業生にも

話を聞くことができました。

この2日間の工場見学を通して、

身近な製品にも関わりがあることを知ったり、

会社の雰囲気を感じたり、

浜工の先輩方が活躍されていること知ったり

多くの刺激を受けました。 

ほとんどの生徒が、進路について

しっかり考える良い機会となり、

強く影響を受けたと感想を述べていました。

今後の進路選択や学校生活に役立ていきます。

共和レザー株式会社様

2日間に渡り貴重な時間を作っていただき

ありがとうございました。

全体説明

私達が1年生の時の3年生だった先輩からの話

部活動が一緒だった者も何人かいました。

5年度 2年生 工場見学①

本日、機械科の2年生、

M2aが工場見学に行ってきました。

受け入れていただいたのは、

共和レザー株式会社です。

本社は本校からバスで45分程の所にあり、

今回見学させていただいたのは

本社の隣にある第1工場でした。

私たち機械科の卒業生の多くは

自動車部品・産業機械部品の製造企業に多く就職し、

そこで金属加工に携わる者が多いのですが、

今回は『合成皮革表皮材』を製造している

企業でしたので、新たな発見が多かったです。

また、代表製品の自動車のシートだけではなく、

「これも共和レザー製なのか!」と、

驚かされた住宅事業やファッション事業の製品や

今後研究が進んでいく事業を知ることができました。

また、本校機械科の卒業生にも話を聞くことができ、

平成28年度卒業の先輩からは、

「生産技術」についての話をしていただき、

令和4年度卒業の先輩からは、

高校3年生時の就職活動の様子や新入社員から見た

企業の様子を話していただきました。 

この見学により、将来の自分達の働く姿が

想像できたのではないかと思います。

私たち2年生の3学期は、「3年生0学期」に

位置付け、進路指導を始めています。

今回の工場見学を今後の進路選択や学校生活に

役立ていきます。

共和レザー株式会社様ありがとうございました。

また、来週はM2bが伺います。

よろしくお願いします。

クラスを半分に分け、1グループは工場見学、

もう1グループは人事担当の方から

事業の説明と製品の説明を聞きました。