お知らせ

◆令和2年度学校独自選抜資料の概要を掲載しました。(→こちら
学校独自選抜については「中学生のみなさんへ」をご覧ください。

◆2019年版ザ・浜工をアップロードしました。浜松工業高校の様子や各学科の学習内容を、より詳しく紹介しております。(こちら)
◆卒業生のみなさんから、卒業証明書成績証明書など発行の依頼をよく受けます。発行を希望する方は、各種証明書の発行についてをよく読んでいただき、証明書交付願(PDF/WORD)および委任状(PDF/WORD)に必要事項をご記入の上、事務室へご提出ください。なお、申請から発行まで日数がかかる場合がありますので、余裕を持って申請してください。また、各種証明書は有料(1通300円)となります。
◆感染症による出席停止に関する書類はこちらからダウンロードしてください。

 英語版が必要な場合は保健課まで問い合わせてください。


◆メール配信に関して
受信ボックスの容量制限や登録メールの誤り・迷惑メール設定等で受信できないケースが多くみられます。
全体への重要な連絡はホームページのトピックスにも掲載されますので、ご確認ください。
 
トピックス >> 記事詳細

2020/06/25

SuperCon2020本選(全国大会)出場

Tweet ThisSend to Facebook | by 情報技術科

6月3日(水)~6月19日(金)まで開催されていた、夏の電脳甲子園「Supercomputing Contest(スーパーコン)2020」で、本校情報処理部の2チーム(3年生と2年生各1チーム)が本選(全国大会)へ出場を決めました。


全国で本選出場を決めたのは、予選を通過した東・西日本の代表、計19チーム(1チーム3人以内)です。本校は10年連続の本選出場で、2チームが出場するのは今回で8回目です。


本選は、8月17日(月)~21日(金)の5日間にわたり、東京工業大学学術国際情報センター(東日本会場)と大阪大学サイバーメディアセンター(西日本会場)の2会場に分かれて行われて行われる予定でした。しかし、残念なことに、新型コロナウィルスの影響のため中止となってしまいました。


特に3年生チームは、これが最後の全国大会となるかもしれなかったのと、昨年のSuperCon2019の優勝メンバーを有し2連覇を目指してただけに、とても悔しい思いをしています。

本校の出場チームおよびメンバーは以下の通りです。


本選出場(チーム: SpRatoon)

髙井健人(情報技術科3年)、堀野郁馬(情報技術科3年)鈴木健心理数工学科3年)
本選出場(チーム: Nihilism)
飯尾良太郎(情報技術科2年)、左右都巧(情報技術科2年)、中村旭宏(理数工学科2年)



チーム:Nihilism  (後3名)
チーム:
SpRatoon(前3名)

なお、チーム「SpRatoon」の鈴木健心君は、SuperCon2019の優勝メンバーで昨年に続き2回目の出場になります(チーム名アルファベット順)。
         
大阪会場(11チーム)

学校名
チーム名

 静岡県立磐田南高等学校 bstc2019
  灘高等学校 Citrus
  白陵高等学校 cpc
  広島県立広島皆実高等学校 KNK
  久留米工業高等専門学校 krm

 福岡県立博多青松高等学校 Nasu

 静岡県立浜松工業高等学校 Nihilism

 静岡県立浜松工業高等学校 SpRatoon

 静岡県立磐田南高等学校 TrinityS

 鳥取県立鳥取西高等学校 TW2020

 広島県立広島皆実高等学校 UKI



東京会場(8チーム)

学校名
チーム名

 筑波大学附属駒場高等学校 asterisk
  千葉県立木更津高等学校 eightbit
  東京都市大学付属高等学校 MagicalK
  サレジオ学院高等学校 mochocho
  N高等学校 NPC

 筑波大学附属駒場高等学校 OverJOI

 早稲田大学本庄高等学院 shinkyu

 開成高等学校 supercon













※Supercomputing Contestとは
1995より始まったプログラミングコンテストで、スパーコンピュータを使った並列処理のプログラミング技術を競います。
今年は、大阪大学のスーパーコンピューター、OCTOPUSを使って競技が行われる予定でした。

18:51 | 部活動
 
 
来場者数2582639