所在地・お問い合わせ  > 自分の部屋(要ログイン)

 
トップページ学校案内学科紹介学校生活進路学校自己評価中学生のみなさんへダウンロード

 

お知らせ


   浜工オープンスクールについて

 本年度のオープンスクールは11月18日(土)に実施いたします。普段の授業や実習の様子や、部活動の見学をしたい方は、ぜひご来校ください。
 事前申し込みは不要ですが、当日は正門を入って右手の玄関で受付をしてください。
詳細は以下のpdfをご覧ください。
 なお、校内や近隣に駐車場を用意しておりませんので、必ず公共交通機関でご来校ください。また、本年度より給食体験は実施しません。昼食が必要な方は、お弁当や飲み物をご持参ください。


オープンスクール表面.PDF
オープンスクール裏面.PDF
 

平成29年度一日体験入学について

 一日体験入学が終了しました。今年度は1339名の方にご来校いただき、誠にありがとうございます。今後は10月28日の浜工祭や11月18日のオープンスクールへのご来校をお待ちしております。なお、オープンスクールのご案内は、9月下旬から10月上旬頃にこのページに掲載いたしますので、よろしくお願いします。
 

2018年版学校案内について

 来年度入学生を主な対象とした、新しい学校案内が完成しました。
本ホームページに掲載しましたので、ご覧下さい。
 

学校独自選抜資料

平成29年度入学者選抜学校独自選抜資料の概要について

平成29年度入学者選抜学校独自選抜資料の概要はこちらです。→88 浜松工業.pdf

 

各学科のQ&A

浜松工業高校には8つの学科あります。それぞれの学科には特徴があり、学べる内容も違っています。
そんないろんな学科の様子や特徴を知ってもらいたいと思い、各学科のQ&Aをご用意しました。
知りたい学科のQ&Aをクリックしてください!
 ○システム化学Q&A.pdf
 ○デザインQ&A.pdf 
 ○建築Q&A.pdf
 ○土木Q&A.pdf
 ○機械Q&A.pdf
 ○電気Q&A.pdf
 ○情報技術Q&A.pdf
 ○理数工学Q&A.pdf
 

トップページの「トピックス」も是非ご覧ください。

中学生の皆さんへ。
浜工の普段の様子を知るためには、トップページの「トピックス」も是非ご覧ください。
浜工の普段の活動の様子が分かります。
「次▶」をクリックすれば過去の記事をさかのぼって見ることができます。
 

HAMAKO NEWSもご覧ください

 浜工ニュースはラグビー部全国大会出場を記念して発行されました8ページの小冊子です。
他の部活動の今年度の成績、各科の紹介、浜工での生活(行事、生活、進路、耐震工事、海外での活動、定時制)などが掲載されています。
 浜工ホームページの「学校案内」から入れますので是非ご覧ください。
 

学校裁量枠について


本校の学校裁量枠の選抜についての詳細は、各中学校の進路担当者にお問い合わせください。
 

学校紹介

学校紹介

樹木の多い学校


 テクノポリスに向かう大通りにそって、瓦ぶきの風格ある正門と4階建ての校舎3棟が見えます。
 初生の地に移転する前の浜工は、浜松駅南東の北寺島(現在は駅南団地及び名鉄パレの跡地)にありました。
 現在の浜工は、校舎全面移転構想のもとに、1963(昭和38)年に校舎移転がはじまり、翌年の東京オリンピックの年に全日制3学年の移転が完了しました。
 当時の三方原は、まだ、石ころと赤土の台地でした。正門の作者は、元大阪芸大学長の故中根金作先生です。本校の卒業生でもある先生は、緑樹の影を落とす教室、木陰に憩う若者の集う学舎を夢見て、学校の敷地を樹海で覆いたいと考えておられたようです。
 正門を入ってすぐ左に、プラタナス(鈴懸)の木があります。北寺島から移植された「青年の樹」の三代目か四代目になります。間接的に、浜工の歴史がしのばれます。浜工の敷地は県内で2番目に広く、約8万㎡(東京ドーム約2個分)もあります。門は、正門の南に西門、その他に北門と南門があり、あわせて三方に4つの門があります。


学校初代校長像と臨幸記念碑

 正門を入った左側に、初代校長山本又六先生の胸像があります。27年間にわたって本校の校長先生でした。
 遠州織物の発祥の地に生まれた浜工は、「染織講習所」としてスタ−トしました。山本先生はその技術者でもありました。また、先生は1966(昭和41)年に浜松市の名誉市民になられました。 
写真:初代校長像写真:臨幸記念碑
 初代校長像臨幸記念碑